講師と生徒さん達のふれあい日記
 クノップフ2011.11.5
 好きな画家です。
 初めて知ったのは渋谷のブンカムラのミュージアムで、2005年の春に、「ベルギー象徴派展」で日本に来て、知りました(私が知る以前から、日本にきていたのですが・・)。
 その時私は大学を卒業したばかりで、秋田でこのピアノ教室を始めたばかりでした。東京の渋谷まで行けなかったので、図録をとりよせて、見ていました。
 とにかくきれいな絵を描く画家です。
 彼のミューズは、妹のマルグリットさん。妹という、永遠に手に入らない存在を、女神として求めつづけ、彼は何年か結婚していた時期もありますが、生涯ほぼ独身で通したのは有名です。

 冬の空気の匂い2011.11.5
 もう11月、もうすぐ12月。
 朝や夕方や夜に、外に出るとぷーんと冷たい空気の匂いがします。
 もうすぐ12月。11月の今は、外に出る時、毛糸のカーディガンを着ているのですが、セールで綿のコートを見つけて、買ってしまいました。
 通販で、届くの楽しみ♪着れる期間は短そうですが、ウールのコートに衣替えするまで、着れそうです♪

 ゴッホ展の図録2011.4.21
 今日、届きました。東京・名古屋で開催していたので、行けなかったので・・・通販で、図録を購入しました。
 最近は、何でもインターネットで手に入り、便利ですね。
 ゴッホ展なのですが、ゴッホだけじゃなく、ゴッホが模写を残しているバルビゾン派のミレー、ゴッホが仲間だったロートレックやスーラも来ていて、ゴッホ展というより、ゴッホと仲間展といった感じでした。
 ゴッホに期待していた私としては、はずれだな、といった感じでした・・・。
 この前も、ゴッホの本を買ってはずしてしまった・・。
 「当たりだな」と思うものは、「週刊西洋絵画の巨匠」の「ゴッホ」(小学館)、「週刊世界の美術館」の「オルセー美術館」「クレラーミュラー美術館」(講談社)、「現代世界美術全集」の「ゴッホ」(集英社)です。

 手袋を買いました2011.4.21
 ・・と言っても、冬用ではなく、夏用の、日焼け防止の手袋。
 去年、自転車のせいか思いっきり焼けてしまい、「黒い黒い」と言われ続け、こりたので、今年は、手袋を買いました。
 夏用の手袋をするのは生まれて初めてで、おばさんぽくないことを基準にして、選びました。
 色んなデザインの物がありますね。マダム風のものにして夏だけお嬢様っぽくイメチェンするのもいいな、と思いました。
 結局、どんな服にも合いそうで、シンプルな黒の手袋を買いました。白だと、バスの運転手さんみたいだと思ったので・・・。
 左の絵は、ロセッティの「美しい手」という絵。

 バーン・ジョーンズ2011.1.3
 左は、バーン・ジョーンズの「嘆き」。
 今回、来てました。生で観たかったー!!

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17
[編集]
(C)Copyright 桜庭悠佳里ピアノ教室 all right reserved.