桜庭悠佳里ピアノ教室は、秋田県秋田市の個人ピアノ教室です

お気軽にお問い合わせ下さい
HOME sp 講師紹介 sp レッスンのご案内 sp 生徒さんの声・Q&A sp 教室案内 sp ブログ sp お問い合わせ

ブログ

ブログ本のこと

あと、ブログ本のことなのですが、知り合いのフランス人に「あなたの文章、日本でうけなくて誰もいいね!しない。フランスでなら大ウケする。出版したら、いい翻訳者に見つけてもらって、フランスで出版されて、フランス進出しろ」と指摘されました。

インスタグラムでなら、バババッと、いいね!くるんですけどねぇ。

まあ、最近、自分に自信がつきました。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/13

自分に、少し、自信がつきました。

ブログの他にインスタグラムをやっています。

家で一人でいる時、歌ったり踊ったりしていて(家事しながら歌ったりとか)外に出すの、すごく恥ずかしかったのですが、インスタグラムにのせたら、結構反応があって、自分に自信がつきました。

まだ、掲示板だった時代、掲示板に小説を書いていた時期があるのですが、周りの反応(生徒さんなど)が良くなくて、誰もほめてくれなくて、自信をなくし、消してしまいました。まあ、幻の初期作ってことで。

それで、一人で原稿用紙にカリカリ書いていたら、自然に完成しました。

2008~2010年のことだったから、7~9年がかりか・・・。

あと、不思議なことなのですが、ウィリアム・モリスが夢に出てきて、「あなた、すごく個性的だから、自費出版にしろ。自分も本出した時、自費出版だった」と言われました。

優しい目の、優しいおじさんでした、モリス。

あー、とにかく、長い時間はかかったし、自分に自信なくして苦しんだりしたけど、がんばって書いて良かったと思ってます。

最近、インスタグラムなどで、自分に自信がつきました。インスタグラム、やってよかったと思っています。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/13

今日の仕事が終わりました

今日の仕事が終わりました。

秋田キャッスルホテル内にある機械関係の会社にお勤めの方なのですが、クリスマスに小学生の生徒さんと「やまや」(近所にある、すごく安い輸入食料品店)のでっかい380円ケーキで、クリスマスのお祝いしようか、と盛り上がっている、としゃべったら「自分、キャッスルからケーキ買ってこようか、先生がよければ、キャッスルに連れてって、先生のすきなケーキ選ぼうか」と言われて、悪くて、「そんなことしていいの?」と答えたのですが、話し合って、Sさん(その生徒さん)にまかせることにしました。

私の好みのケーキ聞いてくれて。私、普通のスポンジケーキの上に白い生クリームと苺がのってるケーキとか、チョコレートケーキが好きだ、としゃべりました。

あと、Sさんとは関係ないのですが、「カサミンゴー」というヨーロッパ系ケーキ通販のサイトが大好きです。

私、3歳の頃、母のお料理本を見たら、ヨーロッパのケーキがたくさんのってて。子供心に、とても惹かれて。

カサミンゴーで買うと、3歳の頃の夢が叶うんですよね。

でも、注文したことがあるのですが、写真で見て想像してた味と違うかも・・・と思いました・・・。

クルミとキャラメルのタルトは、コーヒーみたいな味でした。「甘さ控えめ」と書かれていたけど、控えめでなくていいから、普通に甘い方いいかも・・・。

フロッケンザーネトルテは、ずっぱい感じの味でした・・・。「赤すぐりジャム」のせいかなぁ・・・。クリームはおいしかったです。

ザッハトルテは、普通においしかったです。

 

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/10

ピアノ教師が聴いている曲

今日は仕事です。

昨日は、映画「アメリ」を見たり、フジ子・ヘミングさんのCDを聴いて過ごしました。「パガニーニの主題による狂詩曲~第18変奏」「パガニーニによる大練習曲」「コンソレーション」、ショパンの「練習曲第13番エオリアン・ハープ」「前奏曲第11番」(このショパンの2曲、大好き!!)などを聞いて過ごしました。ショパンの24の前奏曲が大好きです。

「パガニーニの主題による狂詩曲」が、感動的な旋律ですね。とても気に入っているCDです。

あと、意外に思われるかもしれないのですが、毎朝、TMネットワークの「Be Together」をリピートにしてガンガンかけています。

気分が上がるんですよね、なんか。

朝はこの歌って決めてます。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/09

大学時代の先生へ。

大学時代、「親がピアノやらせようとしてるのに、悠佳里ちゃんが嫌々やってるっていうの、わがままだと思う」と仲良くしていた人から言われて、ショックでした。

大学の幼児教育専門?だかのS先生(実名出すとまずいと思うのでイニシャルにしておきます)の授業に初めて出た時、「しろくまちゃんのほっとけーき」の話をしていて、すごく癒される授業でした。

それで、先生の研究室に遊びに行って、色々しゃべったら、「あなた、自分の言葉でしゃべれる人だよね。少したどたどしいけど、自分の言葉で、自分の気持ちとか、表現できる人だよね。」と言われました。あと、神経細いと言われました。

わがままだ、と言われたことをしゃべったら、「あなた、我慢ばっかりしてるんだよ。わがままなんじゃなく、わがまま言いたい人なんだよ。我慢ばっかりしてるんだよ。」と言われ、その時の言葉は、今でも私の中で深い癒しになっています。

あと「自分にばっかり目が向いてる。子供産め。そしたら他者に目が向くから」と、ちょっとむちゃくちゃなこと言う先生だったのですが(笑)。

今、ピアノ教師をやっていて、生徒さんに目を向けています。先生が言いたかったことが、今、わかっています。生徒さんに目を向けています。

あと、「他者に目を向けて」の話なのですが、ユニセフで、インドの女の子がだまされて売春をしているという記事にショックを受け、毎月1000円でもいいから、ユニセフに寄付をしようと思っています。

S先生、今どうしているかわからないけれど、このブログを見つけて、読んでくれたら、嬉しいです。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/07

迷惑メール、やめて下さいね。

ホームページを持っていると、色々なメールが来ます。

借金しませんかとか、ホームページを作りませんか、とか。

もう作ってますよ。見ればわかるでしょ?

全部無視して削除しているのですが、この前、「ディズニーランドにデートに行く相手じゃなく、心が通じる相手がほしかった」って書いたら、さっき、メールチェックしたら、

「ディズニーランドの当選券が当たりました!」

ってメールが来て。

私、そんなもの応募してない。

やめて下さいね。

あんまり、人のことバカにしないでくださいね。

ブチ切れ寸前です。

精神主義者のピアノ教師を、あんまりバカにしないで下さいね。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/05

2008年の海外旅行記 8

次の日、モンサンミッシェルに行って来ました。朝早く集合で(朝5時?7時だっけ?)、パリ、真っ暗な中で。

バスに乗って、4時間かけて、行って来ました。

そういえば、大学で、日本語ペラペラの、フランス人の神父様がいたのですが、ノルマンディー出身の方でした。神父さまからノルマンディーの話を聞いていた時、「へー、いいなー、行ってみたいなー」と思っていたのですが、本当に行くことになるとは・・・

砂浜には、絶対足を入れないでくださいね、と言われました。さらわれて、溺れるから。

今度、もしノルマンディー地方に行くことがあったら、家とか、花とか、見てまわりたいなぁ・・・。

モネの家って、どこにあったっけ?

ゴッホのお墓は、オーベル何とかですよね。

あと、絶対行きたいのはアルル!!ゴッホが黄色の家を作ろうとした、才能大開花させた土地!!

あと、パリにオスカーワイルドのお墓があるんですよね。

今回の旅行、モンサンミッシェル、気が進まないけどツアーの中に組み込まれていたので、仕方なく行ってきた感じだったので、次行くことあったら、自分が行きたいノルマンディー地方やアルルとか、シャイヨー宮とか、自分が行きたい、フランスの場所に行きたいです。

ドイツ、スイス、フランスを回って、日本に無事帰ってきました。

以上、生まれて初めての海外旅行でした。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/05

2008年の海外旅行記 7

次の日、ユングフラウヨッホという山に、電車で登りました。

氷のお城の中に入ってきました。

午後は自由行動だったのですが、疲れてホテルで寝ていた記憶があります。

このスイスのホテルの部屋は、青と紺色が混じったような、可愛いお部屋でした。

次の日、レマン湖の近くのヴヴェイに行きました。

チャップリンの銅像が立っていました。

次にジュネーヴまで行って、新幹線に乗って、パリに行きました。

パリに着いたら、夕方だったのですが、レストランで、一人でお食事しました。

食べたもの何だっけ・・・。グラタンスープかなぁ。たしか。

熱いスープの上にとろけるチーズがのってる食べ物だったと思う。

食べ物2つとデザートが出てきたんだっけ。

9年前のことで、よく覚えていません・・・。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/05

2008年の海外旅行記 6

ローテンブルクが終わったら、ロマンチック街道(緑が多い、きれいな風景でした)を通り、世界遺産の「ヴィース教会」に行きました。この教会、マリア様の像が血の涙を流しただかなんだかという教会で。撮影禁止になっているのですが、きれいな教会・天井画でした(レジデンツに続き、またまた天井画)。

その後、また可愛いお部屋のホテルに泊まりました。

次の日。この日が、この2008年の旅行で、一番インパクト強くて、覚えてることなんですよね・・・。

「ノイシュバンシュタイン城」です。「白鳥城」という意味です。ルードヴィヒという王様が建てたお城で、金に糸目をつけなかったらしいんですよ。十分きれいなのに、「この部屋は未完成です」ってガイドさんが言って。私も含めた観光客の人たち、みんなびっくりしてて。「もっときれいに、もっときれいに」って、王様だから、お金があって、お金に糸目をつけなかったらしいです。それで、家来たちから問題にされたって。それで、40歳で、家来が殺したのか、自殺なのか、他の誰かが殺したのか、わからない、謎の死を遂げてるって。

審美って、あるじゃないですか。きれいなもの大好きな芸術家とか。

審美のルードヴィヒ王が建てた、ノイシュバンシュタイン城を、見てきました。あの美しさ・立派さなのに、未完成だって。審美とお金があることのおそろしさを思い知ったお城でした・・・。

その後、スイスに移り、夕食に「フォンデュ・シノワーズ」を食べました。そこのレストランで、私のことをちらちら見ているスイス人?の若い女の子がいて、「日本人に興味あるのかなー」と思いました。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/05

2008年の海外旅行記 5

次の日、ローテンブルクという街に行きました。

怖い話があって、リーメンシュナイダーという彫刻家が、農民の味方をしていたら、当時の警察につかまって、拷問で手をつぶされたって・・・。

バスの中でガイドさんから話を聞きました。

そのリーメンシュナイダーの彫刻が、ローテンブルクにあるんですよ。

教会にでした。立派な、きれいな、木でできた彫刻でした。マリア様が泣いてるところだっけ?よく覚えていません。

そのローテンブルクに、怖い博物館があって、拷問博物館というんです。中世で使われた拷問の器具を、展示してるんです。

ガイドさんが、「なぜか人気の博物館で」と言っていて、私も、怖いのになぜか見てきたんです。

それで、拷問の様子が描かれている絵はがきを売ってるんです。

私、1枚、買ってしまいました・・・。

謎の、変な、博物館でした・・・。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/05

2008年の海外旅行記 4

ライン川クルーズが終わったら、ヴュルツブルクという街の、「レジデンツ」という美術館へ!!

レジデンツ、本当に素敵な美術館でした。すごくきれいで、「ここに住みたい」と思ってしましました(笑)。こんな宝石だらけの部屋に住んだらどんな気持ちするんだろう、と。

天井に、アポロンやヘルメスやアフロディテなどの、ギリシャ神話の絵が描かれていました。

本を一冊買って、レジのお兄さんに、

「ディスミュージアムベリービューティフル」

と言ったら、「サンキュー」と言ってくれました。

ライン川と違って、何もがっかりしない美術館でした。

その後中世の古城を改築して現在ホテルとして運営している、という元お城のホテルに泊まりました!!

白い、きれいなお部屋でした。

リューデスハイムではピンク色の部屋、このホテルでは、白いお部屋。

ヨーロッパのホテルのお部屋って素敵ですね。

夜は、お魚料理を食べたような記憶があります。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/05

2008年の海外旅行記 3

リューデスハイムのホテル、とても素敵でした。

ヨーロッパのホテルって、昔のお城を改築して現在ホテルにしてるところが多いそうです。

リューデスハイムのホテル、ピンク色の部屋で、可愛かったです。

そして次の日。

朝食は、1階で、バイキングでした。

午前中、ワインの試食会があって、ワインを、グラス1杯、飲みました。全然、酔っぱらいませんでした。

その後、ライン川クルーズだったのですが・・・私も含めた観光客がうじゃうじゃで、英語や、どこの国かわからない言葉が飛び散ってて、うるさくて、リラックスできませんでした。

それで、メニュー表とか配られて、ココアとかチョコパフェとか書かれているのに、「混雑しているので、できるまでに1時間50分かかります」と、船の中で、放送案内がかかるんですよ。そしたら、1時間50分で、ライン川クルーズ終わってしまいました。

そんなにライン川に憧れていたわけじゃなかったけど、なんだか、がっかりするような、ライン川クルーズでした。

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/05

2008年の海外旅行記 2

そのリューデスハイム、秋田とそっくりだったんです。

空の色とか、景色とか、風景とか。びっくりするくらい、そっくりでした。

家だけ、ヨーロッパ風で。

家、秋田のこの辺の家に変えたら、秋田と全く同じになるの、保証するような街でした(写真が残っていません、ごめんなさい)。

その話、ガイドさんとツアーの人たちにしゃべったら、「緯度が同じなんじゃないか」と言われました。「私たち、東京の人だから、そう思わない。」と言われました。

秋田って、日本の北の方にありますもんね。

リューデスハイム、ドイツの北の方の町だったんだと思います。

ヨーロッパの田舎を周るツアーで、ベルリンとか行きませんでした。

夕方着いて、ガイドさんと、夕食をとりにレストランに入りました。

出てきた料理(すごい量だった)の写真を撮ってたら、ドイツ人の子供から「ジャパニーズ、ジャパニーズ」と、笑われました(笑)

料理の写真撮ったりすると、観光客だって、バレバレみたいですね(笑)。

これから寝るので、続きは明日書きますね。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/04

2008年の海外旅行記 1

今日の仕事、終わりました。仕事が終わった後、お米とゴミ袋などを買いに、スーパーに行って来ました。

今日、生徒さんと「海外旅行、行ってみたいよねー」と話になりました。

私の海外旅行記でも書きますね。

 

2008年9月21日でした。

生まれて初めての海外旅行でした。飛行機でフランクフルトに着いた後、バスで、リューデスハイムという、ドイツの田舎町に着きました。

笑い話なんだけど、飛行機の中で、隣になった男の人が、ビジネスマン風で、中国語の本を読んでたんです。それで、「この人仕事でフランクフルトとか行くのかなぁ、私なんか観光で行くのに。すごいなぁ」と思ってたら、自分も隣に乗って、フランクフルトに行く所なんですよね。

ツアーのガイドさんにしゃべったら笑ってて、「人のことって良く見えるよね」と、笑ってました。

雨川さんという、感じのいい女性ガイドさんでした。私も含めて7人のツアーだったのですが、みんな、「あの人感じいいよね」と言っていました。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/04

ゴッホが目指してたような仕事できたのかなぁ・・・

昨日、午前10時から、生徒さんが来ました。

機械関係の会社にお勤めの方です。

私、ソネットの支払い方法を、クレジットカードから、口座振替に変えようとしたんですよね。でも、ソネットのホームページから見ても、変え方、さっぱりわからなくて。私、自分のソネットのパスワードとか、全然わからなくて。機械関係にうとい、文系・芸術系女子です、私。

そしたら、その生徒さん、何とか私のパソコンなどを色々調べて、色々してくれて、11時20分に、口座振替、完了したんです。

その後、私が、12時20分まで、1時間、ピアノを教えました。10時に来て、12時20分まで、2時間20分一緒に過ごしました。

ゴッホ、って、日本への憧れ、すごかったじゃないですか。「芸術家が共同体をつくり、助けあって生きている国」だと、誤解してたんですよね。

日本だって、色々あるじゃないですか。人間関係のトラブルとか。国に関係なく人間関係のトラブルとかあるけど、昨日、「あ、私、ゴッホが目指していたような教室・仕事、できたのかな・・・」と、ふと思いました。

 

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/04

フジ子・ヘミングさんへ。

フジ子・ヘミングさんが本に書いてたんだけど、「私の手はゴツゴツしてて綺麗じゃない」って書いてました。ピアニストは、綺麗な手をしてる人が、多いって。手をとても大事にしてるから、って。掃除も家事も他の人にやらせて、そういうピアニストなんかが、認められてる、って。

私の母、すごく、勘違いかなんかしてたみたいで、自分の憧れを娘の私に押し付けてたらしくて、2006年7月に亡くなった時、遺言書に、「私が亡くなったら、お手伝いさんを雇って、掃除や家事や料理をやらせて暮らしなさい」って書かれてて。それを見た親族があきれて、「そんなもの、自分でできるでしょ?」って言いました。私、「うん」って言って、家事も料理も全部、自分でやってます。あきれる母でしょ?涙も出ませんでした。

バロックパールって、あるでしょ?日本語で、「壊れた真珠」っていう意味で。

真珠を養成する時、すべての真珠がうまくできあがってきれいな真珠になるのではなく、失敗作ってあるんですって。丸いきれいな真珠が出来上がるのって、20パーセントで、残りは、歪んだ真珠や失敗作なんですって。

その中で、ましな歪んだ真珠は、「バロックパール」と呼ばれていて、バロックパールを使ったアクセサリーが、普通に、大量に、売られています。私もバロックパールが使われてるブローチを持ってたけど、本物の、きれいな丸い真珠にも劣らない、きれいなブローチでした。

壊れてたってきれい。

私、フジ子の手は、世界一美しい手だと思ってます。音楽から、ピアノから、選ばれた、フジ子の手。音楽から愛された、フジ子の手。

私、フジ子さんに、フジ子の手を、バロックパールのブローチ、サンプルに思ってほしいと思ってます。壊れてたってきれい。世界一、美しい、音楽からピアノから選ばれた手です。

それで、世界で二番目に美しい手は、私の手で、いいですか?(笑)

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/02

引き換え

ベートーベンは、大作曲家だったのに、耳が聞こえなかったじゃないですか。

つんくは声を失ったり・・・。

鬼龍院くんは喉のポリープ。

私、才能のひきかえってあると思ってて、私は、母から虐待並にピアノをやらされた(肉体的な虐待はなかったのですが、ヤマハにひっぱって連れてくとか、すごかった。私の音大のピアノの教授も、親に、ピアノの椅子に縄で縛られてピアノの練習させられたって言ってた。)のと、手荒れが、ひきかえだったのかなー、と思ってて・・・。

私の手荒れが始まったの、2004年で、その次の年の2005年4月にピアノ教室開いたんですよね。

天から与えられた職業、才能の引き換えだったのかなー、って思ってて。母娘の問題と、ひどい手荒れって。

手荒れで済んでよかったですよね。本当に耳が聞こえなくなったり、声を失ったりしたら、大変ですよね。

リーメンシュナイダーというドイツの彫刻家がいるのですが、農民の味方をして、警察につかまって、拷問にかけられて指を折られるだか手を潰されるだかしたんです。当時、農民って、地主に搾取されてたじゃないですか。それで農民の味方したら、そうなったって。

私、2008年にドイツに旅行行って、リーメンシュナイダーの彫刻を見てきたのですが、立派できれいな彫刻でした。ドイツの教会にありました。

彫刻家の、命の、手を潰された。私、単なる手荒れでよかったですよね。

リーメンシュナイダーの霊がいて、私を守ってくれていたんじゃないかと思っています。

 

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/02

手荒れ

今日は、毎週13時に来る生徒さんが、学校の音楽部の発表会に出るというので、来れません。来週は来るそうです。いつも土日に来る短大生も、今週来れません。

今日2日と3日、秋田市で色々何かあるみたいです。

明日会社員の方が来てくれるのと、月曜日の夕方、来て下さる生徒さんがいます。

教室のスケジュールは、そんな感じです。

昨日、皮膚科に行った帰り、常連になっている古着屋さんに行ってきました。ワンピース2着を1996円で買いました!!

店員さんのNさんという20代の女性と仲が良く、友達みたいな感じで通っています。

Nさんに「今、皮膚科に行ってきてね、手荒れてて」と言って手のひら見せたら、「本当だー」と言われ、けっこうショックでした。本気で、まじめに、手荒れ治そうと、決意しました。

ピアノ教師やってると、みんなから、「手大事にしてるでしょー」と言われるのですが、手のひら、荒れてるんです。でも、お財布から小銭を取り出す時、「指すらっとしてるー」って言われたり、生徒さんから「先生の手華奢だから」と言われたりします。手のひら荒れてます。そんな感じの手です。

手荒れ治ったら、ブログに手の写真でものっけますね。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/12/02

Adolphe

昨日から、寒いです。明日には12月になってしまいますね。寒いから、お部屋にこもって、メラさんの映画ばかり観ています。

「Adolphe」。これなんですけどね。

「愛の林檎は天からの贈り物。受け取るのに、何の努力もいらない。でも林檎を食べたら、まずいくきがあって、種が残る。その種をどう育てるか、林檎の木にするのか、枯らしてしまうのか、育てないことにするのかは、人間の意志にかかっている」というようなことを、石井ゆかりという星占い師が書いていました。

この映画は、エレノールに降ってきた愛は天からの贈り物。喜び、愛の林檎を味わい尽くして食べていたら、まずいくきが残った。種が残ったのに、2人はその種を、育てることができなかったんじゃないかと、そういう話だったんじゃないか、と私は思っています。

私、2003年、フランス映画祭でメラさんがこの映画で来日して、サイン会でサイしてもらい、握手してもらたんだけど、2003の12月、髪を切ってくれた美容師さんに恋に落ちました。幸せだったけど、2006年9月に告白したら、態度が豹変して、「つきあいが長い年上の彼女がいて結婚話になってるけど、結婚する気ない。すごい憂鬱だ」って、髪切りながら客の私にしゃべって・・・。すごいショックでした。私、この人の何を見てたんだろう、って思って。その結婚する気ない彼女と結局結婚してしまい、不幸な結婚を止めたくて美容院に通ってたら、自分のこと好きで通ってるって勘違いしてたらしく、すごくうぬぼれて、不幸な結婚生活の話、ぺらぺら私にしゃべるし。今思ったら、そんな人の不幸を止めたくて通ってたなんて、ばかみたい。その2007年がトラウマで、恋愛と縁のない人生を送っています。

今は秋田の、家の近所の美容院で、気が合う女性の美容師さんに切ってもらってて、通っていて楽しいです。

以上、独身友の会会長でした。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/11/30

Stanislas Merhar様へ。

今日は天気が悪く、寒い日です。お部屋にこもって、私が高校時代から大ファンなスタニスラス・メラールさんの、フランスのドラマを観ていました。「Myster Mocky presente」というドラマの第1話「Dans le lac」に出演なさってました。

感想ですが・・・冒頭で着てる皮ジャン、私物です・・・?長年のファンの観察結果だけど、メラさん皮ジャンフリークみたいね。私も皮ジャン持ってるわよ。スエード素材のとか。

あと、10月10日に撮られた写真、髪型短くなってたけど、このドラマの時くらいの長さの方が、私は好きですね。

日本で、パソコンとスマホを酷使して、メラさんの情報を探っているのよ。

ファンになった高校時代とはえらい違いね。1998年でした。あの頃は、メラさんの情報、映画雑誌からしか入ってこなかったけど。映画雑誌のインタビューを読んで感情移入しまくりでした。

メラさんが「僕は自分のためにショパンのノクターンを弾くんだ」って言ってたから、私、大学、ショパンのノクターンで卒業したのよ。何番を弾くのかわからなかったけど、2番、6番、遺作は弾けるようになりました。

メラさんのインタビューの発言がきっかけで、「クロックムッシュー」を生まれて初めて食べました、2003年、東京の大学3年生の時。「あ、これ、メラさんが、インタビューで言ってた食べ物だ」って。秋田にもクロックムッシューを扱っているパン屋さんがあるのですが、高くて食べれません。

ところで、このドラマでは会社員の役だったわね。メラさん、会社員の役、似合わないと思うわよ。私が好きなのは、「Adolphe」で白い馬に乗ってる場面ですね。長年のファンの感想でした。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2017/11/29
桜庭悠佳里ピアノ教室 〒011-0946 秋田県秋田市土崎港中央6丁目16-39 TEL/FAX 018-857-0216