桜庭悠佳里ピアノ教室は、秋田県秋田市の個人ピアノ教室です

お気軽にお問い合わせ下さい
HOME sp 講師紹介 sp レッスンのご案内 sp 生徒さんの声・Q&A sp 教室案内 sp ブログ sp お問い合わせ

ブログ

地元苦友の会

アンソールという、ベルギーのオステンドという地域の画家がいて、もう亡くなっているんですけどね、世界的有名人なんです、アンソール。

年をとってから認められて、レジオンドヌールをもらって、男爵の称号をもらって。

有名な話なのですが、アンソールの描いた絵で評価されているのは、25~35歳の時に描いた絵を、41年後、年をとってから評価されている、不思議な画家なのです。

そのアンソールも地元苦がすごい人で、25~35歳の頃、誰からも認めてもらえず、評価されず、40代になっても母親から経済援助をされて生きていて、地元であざ笑われる苦しみを表現した「キリストのブリュッセル入場」は今ではアンソールの代表作です。

私が感情移入しているアンソールの言葉は「年老いた恐ろしいオステンドの海賊たちは、刺激の強すぎるかぎタバコを差し出しました」という言葉です。

私も、土崎で、刺激の強すぎるかぎタバコを、さんざん差し出されました(本当にタバコで何かされたとかではなく、ものの例えです)。

中学生、知らない高校生たち、小学生たち、主婦たち、年寄りたちから、道を歩いていたら、大声で悪口を言われ、普通に道を歩けなかった。すごくトラウマだった。

2006~2007年は、土崎の住民に、さんざん苦しまされた。

アンソールは大学時代以外、オステンドを離れることはなく、屋根裏部屋の孤独なアトリエで制作を続けていたのですが、年をとってから、認められ、レジオンドヌールをもらい、男爵になったのです。

いつもアンソールの本を読んで、感情移入したり、感動したりして、めそめそ泣いているピアノの先生です。

2017年、朝、道を歩いていたら、高校生3人が自転車で走ってきて、また何か言われたらどうしよう、と怖かったのですが、

「おはようございまーす」

と言われ、「俺らってめったに人に挨拶とかしないけどねー」と言っていました。地元苦が解消されました。

今、土崎で普通に暮らせるようになったことは私の大きな喜びです。

アンソールがオステンドで生涯暮らしたように、私も生涯、土崎の自宅でピアノ教室をやっていく、と決めています。

その他に地元苦で感情移入しているのは、「マレーナ」(ルチアーノ・ヴィンセンツォー二著)です。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2018/10/09

地元苦、解消されて生活してます。

私の母は、お化粧をしない人でした。

「お母さん、どうしてお化粧しないの」と聞いたら、「してるわよー」って言って、ファンデーションをパッとスポンジにつけて、パッパッと塗って、それで終わりでした。

口紅もアイシャドウもチークもハイライトも塗ったことがない母でした。メイク用語、知らなかったと思う。

母は、父と私のおじいさんにいじめられていました。お見合い結婚で、お付き合いしてた時は、二人そろって、相当外面を良くして付き合ってたらしいです、結婚しなきゃ、って焦って。

それで、結婚して一緒に暮らし始めたら、内面が出たらしいです。

肉体的暴力はなかったのですが、言葉で怒鳴るいじめがすごかったです。

私、中学生の頃、いじめられました。あと、2006年、母が亡くなった時、地元で話題のピアノの先生になり、2006~2007地元ですごくいじめられました。道を歩いていると知らない中学生から大声で「大嫌い」と言われたり、噂話をされるのもひどかったし、電車に乗っていると、土崎の住民らしい知らない学生から大声で悪口を言われたり。

田舎って、噂話とかすぐ広まるけどおさまるのも早いから、2008年頃からは普通に平和に暮らせるようになりました。

地元、土崎・秋田に恨みたっぷりだったのに、土崎・秋田で暮らせるようになったことは私の喜びです。

この前、隣の家の中学生の女の子の家に、お友達が遊びに来ていたのですが、「隣のお家、ピアノ教室なのー、いいなー」と言っているのが聞こえました。人から、いいなーと言ってもらえる職業についているんだな、と思いました。

地元で普通に暮らせるようになったことは、私の大きな喜びです。苦しみがなければ、こんな喜びを味わえることもなかったのだと思っています。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2018/10/09

インスタグラムを始めて

今朝、インスタグラムに、洋服をコーディネートして着て自撮りで撮った写真に、「あれー、いいね!少ないなー」と思っていたら、あの天下の資生堂からいいね!が来て、仰天しました。「あー、ちょっといいね!少なかっただけで、私のファッション、良いんだ」と思いました。

他にも、いいね!少ないなー、と思っていたら、デザイナーをやっている人から「いいね!」が来ていて仰天したり。いいね!数で勝負するんじゃなく、いいね!数少なくても質の高さで勝負するインスタグラムにしようかな、と最近思いました。

あと、ファッションモデルからもよくいいね!来ます。あと、プロのメイクアップアーティストからも。

インスタグラム初期から、私本人が仰天するような人たちからいいね!が来ていて、「私、美容界でうけるんだー」とわかりました。

先週、西武の地下に、メイクアップコーナーがオープンしていました。

ナーズ、ジバンシイetc・・・。

今まで秋田にいるなら通販でしか手に入らなかったようなコスメが買えるコーナーでした。ジバンシイの赤いリップグロスを試してみました。

私、すごく自分に自信がなかったのですが、インスタグラムを始めてから、「私、デパートの化粧品売り場のカウンターで店員さんと話ながら化粧品買えるくらいの人なんだ」とわかりました。

インスタグラムが私に自信を与えてくれました。

≫ 続きを読む

シェア
ブログ 2018/10/09
桜庭悠佳里ピアノ教室 〒011-0946 秋田県秋田市土崎港中央6丁目16-39 TEL/FAX 018-857-0216