疲れていて、ブログを更新できませんでした。インスタグラムなら、ほぼ毎日更新しています。

この後、生徒さんが1人、明日もう一人、来ます。

2017年は、激動の年でした。今まで、中1~背負ってきたものが、ガラガラ崩れた年でした。

インスタグラムを始めたら、メイクした顔にバババッといいね!来たり、ファッションでいいね!バババッときたりしました。

中学1年の時、片足が不自由な、それでも気だけは強い男子(T君)のいじめにあいました。なぜかみんなのリーダーで、「桜庭のことをいじめる仲間にならないとお前をいじめる」とみんなを脅し、だれもその足が不自由なT君に注意せず、私をいじめる人たちがどんどん増えていきました。誰も味方がいませんでした。

一番言われたのが「ブス」「ダサい」でした。

大学時代、人にしゃべったら、「桜庭さんの中学、みんな目おかしい」と言われました。

ピアノ教師になったら、似合う服を1枚まとったようなもので、職業をきかれ、答えると、みんな「あー、そんな感じするー」と、清純ピアノ教師扱いです。それでも、中学のブス・ダサいのトラウマが取れませんでした。

インスタグラムで、東京のおしゃれ地域の男性美容師から「いいね!」がバババッと来たり男性デザイナーから来たり、「私、中学で土崎のT君からいじめられても、こういう男にならうけるんだなー」と思い、土崎のT君なんかにいじめられたトラウマを背負っているのが馬鹿らしくなり、「私、おしゃれで顔いい、って思って生きていくことにしょう」と思いました。インスタグラムがトラウマを消してくれました。男に与えられた傷を消してくれるのは、男なんだな、と思いました。

シェア
ブログ 2018/01/07