その「イースター・パレード」という映画、たしか1949年の名作映画で、フレッド・アステアが主役です。

アステアって、何であんなにエレガントなんだろう。女性の私でも憧れるエレガンス。

私、人から「すごく個性的で、エレガントじゃない所いい」と言われたことがあって、その言葉がすごく私を支えてくれています。

27歳になった時、目が悪くて意地悪で大嫌いな人から、「27歳だからエレガントなマダム系にチェンジしたら」と言われたけど、言うこと聞かなくてよかったです。

自由にファッションを楽しんでいて、インスタグラムでファッションでいいね!が70件とか来ると、嬉しいです。

いやー、エレガントなマダム系にチェンジしなくてよかった。お金かかりそうだし。

みんなから嫌われてる、目が悪くてダサくて意地悪な人から言われました。私の友達、みんなその人を嫌っています。

嫌われ者って、いますよね。

私、中学・高校の制服時代は、学校の校則違反とかできる子じゃなかったので、みんなから「ダサい、ダサい」と言われまくって、おしゃれと言ってもらえるようになったのは、私服で通う、大学生になってからでした。

その嫌われ者の人から、「どうしてあなたばっかり素敵な服ばかり持ってるの!!」とキレられて、私も私の友人も、みんな困っていました。

今はその人と縁を切っています。2017~2018年、その人に振り回されて、大変な年でした。2019年の今は、平和に暮らしています。

私、死後に遺産としてお金を残すんじゃなく、私の洋服を遺産として生徒に残したい、という思いがあって、2017年、Aさんという生徒さんに、かなりの量の服をあげたんですね。死後残すくらいなら、生きてる時あげても問題ないと思って。

そしたら、その嫌われ者の女性が、「どうしてあなたばっかり素敵な服持ってるの!!どうして?!どうして?!」とキレまくり、私の教室に来ると服がもらえる教室だと何か勘違いしたらしく、教室に来たがって大変でした。その他に「フェラガモの靴が欲しい」と言われ。そんな物、私持ってないんだけど。私の教室に来ると物や服がもらえると勘違いしたみたいです。

ちょっとその女性とのつきあいが長くて、以前は「ダサい」とか「くさい」とか私に言いまくってたのに、私がファッションで褒められるようになったら急に態度変えて、私の服欲しがって。あきれるのが、私がAさんのために服を選んでて、「このスカート2012年の流行でちょっとダサいからあげるのやめよう」と選んでいたら、私の服だってだけで、真面目に欲しがって。2012年の流行だった、990円で買った、ダサいスカート。過去に私のこと「ダサい、くさい」と言いまくっていじめたくせに、今はみんなから「ダサい」(ファッションなど色々なこと)「くさい」(舞台女優になりたがってる人でした)「くさい演技」と言われまくってて。私も2017~2018年、被害が多くて、キレて「センスがくさい」と言ってやりました。高校時代、私のこと「ダサい、くさい」と言いまくって、いじめまくったのに、今現在は私の服だってだけで、真面目に欲しがってるんです。困った人って、いますよね。

今はつきあいを切っています。統合失調症と診断され、精神病院に強制入院させられたそうです。困った危険な人に目をつけられていたんだな、と思いました。

 

シェア
ブログ 2019/04/20